接道義務

『接道義務』について

『接道義務』では、接道義務では、不動産投資に必要最な知識として、接道義務についての初歩的な情報を提供しています。不動産投資に関わる全ての人々に接道義務について知ってもらうために、接道義務の範囲や接道義務などの情報を公開しています。

当サイトから一人でも多くの方に有益な情報を配信し、活用していただければと思います。
 【おすすめ投資ポータルサイト】
接道義務(せつどうぎむ)とは、建築基準法(以下「法」)第43条の規定により、建築物の敷地が、道路に2メートル(ないし3メートル)以上接しなければならないとする義務をいう。
都市計画区域と準都市計画区域内でだけ存在し、都市計画決定されていない区域では接道義務は無い。
この条文は、ある建築物の敷地が道路とつながっていることを義務づけることで、例えば災害時の避難経路の確保や、消防車や救急車などの緊急車両が接近する経路を確保することが目的である。
また、建築基準法では道路はその上空が解放された空間であることを前提としており、敷地と道路が接していることはすなわち、敷地の一部が開放空間と接しているという意味でもある。これは衛生上(通風や排水など)の問題とされる。
いずれにせよ、実際に建築物を使用する上でも、道路から自由に出入りできるかどうかは非常に重要なことである。接道義務によって、その敷地は最低一箇所以上の出入り口を確保することが義務づけられているわけである。

接道義務における建築基準法について説明しています。
 接道義務と建築基準法
接道義務における違反について説明しています。
 接道義務と違反
接道義務における違反について説明しています。
 接道義務の私道
接道義務における無道路地について説明しています。
 接道義務と無道路地はこちら